倉敷考古館


開館から現在へ

 ・沿革
 ・特別展示と講演会
 ・主な遺跡調査
 ・主な刊行物(編・著を含む)


開館から現在へ 沿革
 太平洋戦争終結後の1948(昭和23)年に占領軍の指示で解散した大原合資会社の資産の一部が文化事業へ寄付され、その文化事業の一つとして倉敷の町へ考古学資料の展示施設を開設すべく原澄治から提案があった。倉敷は広義の旧児島湾岸の縄文時代貝塚群所在地に囲まれ、すぐ北には巨大古墳が連なる古代吉備文化の中心地がある。そうした環境の地は考古学の博物館施設の適地であり、戦前から開館されている大原美術館と戦後間もなく設立した倉敷民藝館に考古館が加わると、文化都市倉敷としての重みが増すとするものであった。

 これが受け入れられ、クラレ・倉紡・倉敷商工会議所が協力して準備を進め、多くの倉敷市民の応援を受けながら開館への道を歩んだ。資料の収集や展示の実務は、そのころ岡山県の考古学を担っていた吉備考古学会の会員が京都大学梅原末治教授の指導を受けながらあたった。財界人であり文化人であった原澄治は、吉備考古学会の支援者でもあった。

 建物は、大原美術館と倉敷民藝館の中間、倉敷川に架かる中橋北の小山収二家の土蔵を使用し、内部の改装や展示ケースについては外村吉之介民藝館長の指導があった。

考古館になった小山家の倉
(上)江戸末から明治初年、小山家の倉部分
左寄りの倉・考古館へ、右端建物跡現在旅館駐車場
(下)(左)1948年(中)1950年開館のため改装中(右)1957年新館増築中
 1950(昭和25)年11月1日、新渓園で開館式、翌2日から一般公開となる。二階建ての土蔵に一部中二階をとりつけた小さい博物館ながら、縄文・弥生・古墳・歴史時代の資料を年代順展示する考古学の拠点施設が誕生した。大原総一郎・原澄治を顧問、大原の意を受けた豊島武治商工会議所会頭が理事長となっての出発であった。翌1951年5月からは、考古学の専門職員をおき、同年に制定された博物館法に基づき、1952年4月には登録博物館となる。1951年4月財団法人申請、1952年1月には原澄治揮毫の「財団法人倉敷考古館」の木製表札をかけた。

 1957(昭和32)年には、土蔵の北側に接続し周辺と調和した鉄筋コンクリート三階建ての建物を浦辺慎太郎の設計で新築、展示面積が倍増した。この機に館長を置き大原美術館館長武内潔真の併任となる。

 その後、理事長は田中敦、大原謙一郎(現在)となり、館長は間壁忠彦、安井昭夫、香川俊樹(現在)となった。

 2014年4月1日付で公益財団法人となり、登記を完了した。


開館から現在へ 特別展示と講演会
1953(昭28)年7月10日〜8月30日

古代ペルーチムー期
鐙形注口ピューマ付壷
◎「原史文化展」この年春発掘調査した岡山市中区沢田金蔵山古墳資料を展示。
    同年7月15日
●講演会「中・四国の古式古墳(金蔵山古墳に関係して)」京大教授 梅原末治 於新渓園
1954(昭29)年2月2日〜28日
◎「インカ帝国文化展」 京都、稲畑太郎氏寄贈の南米アンデスの古代土器に、東大文学部所蔵資料を加えた展示。
1956(昭31)年1月3日〜29日
◎「メキシコ美術展」メキシコの現代美術・民芸資料・考古資料をメキシコ芸術院、大原美術館、読売新聞社共催で、美術館・民藝館・考古館の三館を会場にして展示。
1957(昭32)年1月4日〜31日
◎「先史美術展」東北地方縄文晩期の亀岡式土器20点を収蔵した機会に、東大、明大、慶大など所蔵関連資料を借用して展示。
    同年10月1日〜11月24日
◎「中国考古美術三千年展」北館増築記念、大原美術館所蔵(現大原美術館東洋館展示)資料による。特別展示後も当資料が1970(昭45)年10月まで、北館の常設展示の中心となる。
    同年10月12日
●講演会「中国考古美術の旅」京大人文科学研究所 岡崎敬 於新渓園
1958(昭33)年10月1日〜11月23日
◎「古代エジプト芸術展」大原美術館所蔵の古代エジプト資料による。
    同年12月14日
●講演会「平安文化について(末法思想と本地垂迹)」 奈良国立博物館長 石田茂作、(倉敷浅原安養寺瓦経塚調査に関係して) 於大原美術館
1959(昭34)年4月1日〜5月31日
◎「石と土の芸術展」エジプト・ペルシャ・ペルー・中国・日本の石造彫刻と土器の展示。
    同年10月6日〜11月29日
◎「古代インカの土器展」収蔵資料に新収集の古代アンデス文明の土器を加えた展示。
1960(昭35)年4月5日〜5月8日
◎「吉備の古墳文化展」吉備地方の主要古墳出土資料を展示。東博・宮内庁所蔵資料を借用。
    同年10月4日〜11月27日
◎「十年の歩み」「中国上代彫刻展」開館以来10年間の発掘調査資料と中国の仏像彫刻による展示。
1961(昭36)年4月4日〜5月14日
◎「吉備の須恵器展」吉備地方の所蔵家から借用して展示。
    同年10月10日〜11月26日
◎「中国上代の陶磁展」常設展示の中国資料に借用資料を加えた展示。
1962(昭37)年4月3日〜5月27日
◎「古代インカの土器と織物展」新収のアンデスの織物資料を所収の土器と共に展示。
    同年10月9日〜11月25日
◎「日本の古陶展」奈良時代から中世の日本出土陶器、名古屋大学・常滑資料館・奈良文化財研究所・妙本寺・福山市草戸遺跡出土資料などを借用した展示。
1963(昭38)年10月1日〜11月30日
◎「文明の十字路展」イラン先史時代〜ササン朝資料(大原美術館新収)を展示。
1964(昭39)年10月20日〜11月29日
◎「古代の祭祀展」前年に笠岡市教育委員会の依頼で調査した同市大飛島祭祀遺跡(奈良〜平安)の資料を展示。
1965(昭40)年10月17日〜11月28日
◎「古代インカの壷と織物展」収蔵の古代アンデス資料を展示。
1966(昭41)年10月9日〜11月27日
◎「エトルリアの壷と彫刻展」大阪市立美術館所蔵古代イタリアのエトルリア文化の資料を展示。
1968(昭43)年10月22日〜12月1日
◎「古代吉備の鉄展」吉備地方は奈良時代以後、鉄の産地として知られていたが、吉備の鉄について古墳時代にさかのぼって考える特別展。安来市和鋼記念館・東博・宮内庁・奈文研・岡大・広大などから資料を借用。
1970(昭45)年10月
○北館常設展示変更北館常設展示から中国考古資料を大原美術館へ返却(大原美術館東洋館開設)。イラン先史資料(大原美術館所蔵)を借用北館へ常設展示。1977(昭52)年12月にはイラン資料も大原美術館児島館開設のため返却。日本の資料に南米アンデス資料を加えた展示にする。
1972(昭47)年10月24日〜12月3日
◎「倉敷の古代展」倉敷地方の後期旧石器時代から奈良時代までの出土資料と近年調査による新出土品を中心にして展示。
1975(昭50)年11月20日〜27日
●倉敷考古館開館25周年記念講演会 於倉敷市本町倉敷文化センター
瀬戸内の夜明け−帝釈峡遺跡群の調査を通じて−広島大学助教授潮見浩
倭人伝の道九州大学教授岡崎敬
草戸千軒遺跡草戸千軒遺跡研究所長松下正司
古代の塩つくり岡山大学教授近藤義郎
2010(平22)年11月20日
●倉敷考古館六十年の歩みの中で 記念講演会 於倉敷公民館
里木貝塚の人骨たち−瀬戸内の縄文人間壁葭子
安養寺の瓦経塚−末法の時代間壁忠彦


開館から現在へ 主な遺跡調査
1951(昭26)年福田貝塚倉敷市福田古新田古城池堤下
児島の西岸北部、海岸砂嘴上の縄文前・中・後・晩期の貝塚、福田KU式の標準遺跡。前年に東大山内清男講師の調査があった。
羽島貝塚倉敷市羽島貝殻畠
金蔵山古墳の墳頂発掘状況
石室と埴輪列
倉敷市街中心部の東郊、児島北岸と本土の間の小島であった向山の北岸の海岸砂嘴上の縄文貝塚、大正時代に縄文人骨15体を出す調査があり、貝層部分はほとんど既掘されていたが、貝層下砂層の前期初めの土器片は羽島下層式の標式土器となる。人骨は東大蔵。
1953(昭28)年金蔵山古墳岡山市中区沢田
岡山市街東郊操山中央部上の前方後円墳全長約160m、岡山県下第4位の規模を持つ。墳頂部 の竪穴式石室をめぐる方形はにわ列、副石室中のはにわ質合子入りの鉄器類が知られる。
1954(昭29)年鷲羽山遺跡倉敷市下津井
瀬戸内海、塩飽諸島をのぞむ景勝地の岬台地上。西日本で最初に調査した後期旧石器遺跡。 以前からの採集石器類も多く保管している。
1955(昭30)年備前南大窯遺跡備前市伊部
備前焼南大窯国史跡指定のための測量調査を備前市教委・岡山県教委の依頼で実施。全長50 mの大窯を含む三基の窯体と物原の地形測量図を作成。
酒津遺跡倉敷市酒津高梁川河床
夏季の大渇水で流路に流出した土器包含層中から土器類を採集。弥生末〜古墳初の酒津式土 器の標式となる。
1957(昭32)年河内国府遺跡大阪府藤井寺市国府
安養寺瓦経塚出土状況
左の粘土塊が第3、右は第1瓦経塚出土跡
大正時代以来有名な縄文遺跡の下層から後期旧石器のナイフ形石器を発見。関西地方で初め て旧石器時代の層位を確かめ、出土遺物は国府型ナイフの名で呼ばれる。
1958(昭33)年安養寺瓦経塚倉敷市浅原
国指定重文の瓦経出土地点に接して、焼成不足で粘土にもどっていた瓦経塚を発見、瓦経の 埋納状況を初めて明らかにした。十種もの経典が判明、塔婆形瓦経・仏画を線刻した円形瓦 があり、願文には紀年應徳三年春二月(1086年)などが読めた。
随庵古墳総社市阿曽
簡易上水道貯水池造成工事で竪穴式石室が墳頂下深くから発見され、緊急調査、鍛冶道具一 式など出土。中期後半古墳の数少ない事例が明らかになる。
1960(昭35)年鹿久居千軒遺跡備前市日生鹿久居島千軒湾東岸
中世の泊の遺跡と思われる陶磁器片を出土する遺跡。ほかに古墳時代製塩土器や縄文晩期の 土器があり、当時の和気郡日生町教委の依頼により調査。同町教委が遺物は保管。
福井洞穴遺跡福井洞穴遺跡長崎県佐世保市(旧吉井町)福井
砂岩の河蝕洞穴。細石器の遺跡。上層は土器を伴い(縄文草創期)、下層は土器を伴わない(後 期旧石器末)。日本で土器を伴う細石器の存在が初めて判明する。この調査資料は倉敷考古館 に保管。1963・64年にも調査を行い、その時の資料は東北大と岡山理科大が保管。後の 2011・12年には、佐世保市教育委員会が調査。
1961/63(昭36/38)年津島遺跡岡山市北区いずみ町岡山県総合グランド
1962年岡山国体の会場整備に関係して、グランド内の池の整理に関係して調査。弥生時代各 期にわたる。このとき出土の一部資料を倉敷考古館で保管、弥生前期の古い段階の土器など が注目される。その後、武道館建設予定地、また二度目の岡山国体会場整備に関係して岡山 県教委などが調査。
1961(昭36)年長福寺裏山古墳群笠岡市新賀
新賀と走出間の丘陵上、備中西部最大級の前方後円墳群(中期後半)を笠岡市教育委員会の依 頼で調査。出土資料は笠岡市郷土館保管。
1962(昭37)年大飛島遺跡笠岡市大飛島洲本
東西から瀬戸内海に流れ込む潮流が合する岡山・広島・愛媛・香川四県の境界近く、岡山県 笠岡沖の小島、大飛島の海岸、岩が露出した山麓直下の砂浜で発見された奈良−平安期の海 の祭祀遺跡。奈良三彩小壷、ガラス器、鏡などのほか、土器類を多量に出土。笠岡市教委の 依頼による調査、出土資料は笠岡市保管のほか一部国所有となる。
関戸廃寺笠岡市関戸
笠岡市北部の小田川南岸平地の奈良時代寺院址。笠岡市教委依頼の調査で乱石積基壇の塔 址、心礎を発見。その後の市教委の調査で、築地址、金堂かと見られる建物址の発見もあっ た。
1964(昭39)年池田忠雄墓所岡山市中区小橋町
涼松貝塚 縄文屈葬人骨
小橋町の国清寺西隣にあった清泰院と十七世紀初めの備前藩主池田忠雄墓所が道路工事で南 区浦安本町へ移転。墓所の地下埋葬遺構部分(正方形の竪穴石室)の調査を行う。
涼松貝塚倉敷市船穂町船穂涼松
広義の児島湾北岸西部、低位段丘上の縄文貝塚。ミカン畑造成のための調査。現在はブドウ 畑になる。貝層下土層からは早期押型文土器。
1965(昭40)年白江遺跡岡山県小田郡矢掛町中白江
小田川を北にみる扇状地上の遺跡。弥生後期新旧二期の土器群、後期後半の土器は備中西部 の地域性を示す。
五万原遺跡井原市三山五万原
弥生後期後半の居住址群、大形の焼失居住中のカメ形土器中からガマズミの炭化種子を発見。
1966(昭41)年芋岡山遺跡岡山県小田郡矢掛町中芋岡山
小丘陵上の弥生時代後期後半の木棺墓群。供献された土器中に、特殊器台・特殊壷の初期的 要素の土器を含む。
合が淵中世備前焼窯跡備前市伊部合が淵
鎌倉中期と後期の備前焼穴窯の調査。鎌倉後期の段階から窯の傾斜が強くなり、焼き締め陶 として確立することを明確にした。
日羽ケンギョウ田遺跡総社市日羽
高梁川中流河岸の縄文遺跡、後期中津式古式の土器を明らかにした。
1968(昭43)年金敷寺裏山古墳井原市笹賀町
里木貝塚 縄文中期土器
山上の方形墳、竪穴式石室。副葬品なく、特殊壷片を出土。
1969(昭44)年里木貝塚倉敷市船穂町船穂里木
広義の児島湾西部北岸砂嘴上の縄文貝塚。大正時代発掘の京都大学資料から前期里木T、中 期里木U式の標準遺跡となっていた。戦後、遺跡全体がブドウの温室となり、貝層部分が天 地返しされていたが、わずかに残った温室間に一本のトレンチを入れ、前期羽島下層から後 期までの資料が出土。中期土器の細分をおこなう。大正時代調査では出土しなかった埋葬人 骨も20体以上出土。
1971/72(昭46/47)年王墓山遺跡群倉敷市庄新町
黒宮大塚 供献土器
庄地区王墓山丘陵上の住宅団地造成で緑地として保存できなかった遺跡を調査。女男岩・辻 山田墳墓群(弥生末〜古墳初)は溝で区画された木棺墓群、供献土器が多く、女男岩の中心の 粘土床には鉄剣を副葬、台付家形土器を供献。この丘陵上は古墳群が知られ、一部を調査し た。
1977(昭52)年黒宮大塚倉敷市真備町尾崎
方形墳丘の中央には小社殿があって調査できなかったが、墳頂の片寄った地点に蓋を木材に よったとみられる竪穴石室があり、副葬品はヒスイ勾玉と小管玉各一点のみ、石室上に多量 の供献土器。墳裾の一ヶ所から古式の特殊器台三点出土。前方後方墳の可能性が考えられる 弥生末〜古墳初の墳墓。
金浜古墳倉敷市塩生
水島灘を西へ見下ろす丘陵上の天井石を失った横穴式石室墳。土取り消滅前に調査、床面はかなり残り、須恵器など出土。羨道が短く、持ちおくりある片裾の石室。
城が端遺跡倉敷市粒江
広江・浜遺跡 縄文晩期土器
土取り消滅前に調査した中世後半と近世墳墓遺跡。縄文時代船元貝塚の西を種松山へ登る道 の西側丘陵末端。備前焼などを骨蔵器とした中世火葬墓は原位置を離れていたが近世の土葬 の墓穴には埋葬人骨がよく残存。当時の埋葬風習をよく示した。
1978(昭53)年広江・浜遺跡倉敷市広江、浜
児島西岸、縄文〜中世の海浜集落遺跡。第三福田小学校の校舎建築にともない調査。1961(昭 36)年にも校舎建築で一部調査。縄文後期後半と晩期、弥生前・後期、それに古墳後期の土器製塩の大形集落の遺跡。ほかに平安後期、鎌倉期にも有力な海浜集落を思わす陶磁器片が出土した。
惣田奥四号墳
須恵質切妻形小陶棺(火葬骨蔵器)
1981(昭56)年惣田奥四号墳備前市佐山
小形の横穴式石室の入口に外護列石。室内の中央に小形の須恵質切妻家形陶棺を安置。中に火葬骨片。ほかに須恵器壷の火葬骨蔵器を追葬していた。
主な継続調査研究
1958(昭33)年頃〜●瓦経の検討
安養寺瓦経調査に伴い、以来日本全土における数少ない瓦経についての検討を続けている。
1960(昭35)年頃〜●中世備前焼窯跡の分布と製品流通
中世備前焼窯跡群分布調査、採集陶片から編年を行い、続いて西日本全体への製品流通を点検、中世備前焼の性格を明らかに、現在も機会あるごとに、各地における備前焼に注目を続ける。
1969(昭44)年頃〜●中部瀬戸内地域における縄文遺跡の特性検討
館開館当初より、縄文遺跡調査を続ける中で、早期遺跡の特性も取り上げてきたが、特に里木貝塚調査報告以来、土器編年の確立を目指し、加えて出土人骨の性別問題を重視、多方面からの検討を続ける。
1971(昭46)年頃〜●石棺の石材産地調査
倉敷市における王墓山一帯における宅地造成のための調査で、後期の古墳で保存となった王墓山古墳は、明治末に出土した多種多量の遺物が東博蔵。組合せ家形石棺は現地に残る。この石棺の石材を出発点として岡山県内のみならず広く全国で各形態の石棺石材を点検、石材産地とその石棺を調査。石棺の遠距離移動の実際を初めて究明、古墳時代研究の視点を広げた。この問題は現在もなお、わが国の古代国家誕生を考えるうえで、重要な示唆となり、注目を続けている。
伝総社市法蓮出土
小像付装飾須恵器
1986(昭61)年頃〜●わが国の古墳出土装飾須恵器上の小像群検討
考古館蔵品に総社市法蓮出土の小像付装飾須恵器があり、この種土器には古くより、精巧な偽作品の多いことでも知られていた。この種土器に飾り付けられた小像を集成する中で、小像群はそれぞれに、特別の意味を表現することに気づき、この点の検討が、偽作品判別の一要素となることに着目した。なおこの問題は、真贋問題だけでなく、人物埴輪群とも関連する課題であり、研究を続けるものである。


開館から現在へ 主な刊行物(編・著を含む)
1959(昭34)年金蔵山古墳53年調査の県内第四位の前方後円墳(中期)報告書
1963(昭38)年安養寺瓦経の研究58年調査の瓦経塚報告書(国重文瓦経、紙本経塚を含む) 〔安養寺瓦経の研究刊行会刊〕
1964(昭39)年古代の祭祀62年調査の大飛島遺跡概報
1965(昭40)年長福寺裏山古墳群・関戸廃寺跡〔同調査推進委員会刊〕
随庵古墳〔総社市教育委員会刊〕
鹿久居島の歴史鹿久居島千軒報告にかえて〔日生町教育委員会刊〕
1966(昭41)年倉敷考古館研究集報1号矢掛・白江、備前焼(1)、笠岡縄文など
「考古館研究集報11号」の表紙
それまでの館出版物の表紙を集める
同上2号広江・浜、備前焼(2)など
1967(昭42)年同上3号日羽ケンギョウ田、矢掛芋岡山など
1968(昭43)年同上4号甲骨文字、櫃石島石器など
同上5号美星五万原、井原金敷寺裏山、備前焼(3)など
1969(昭44)年同上6号鷲羽山石器、児島上之町など
1971(昭46)年同上7号里木貝塚
1972(昭47)年倉敷の古代倉敷市内の遺跡・遺物
1973(昭48)年倉敷考古館研究集報8号新見市野原縄文、児島仁伍、酒津-水江など
1974(昭49)年同上9号石棺(一)、X線回折法による岩石同定など
同上10号王墓山遺跡群、石棺(二)
1975(昭50)年同上11号石棺(三)、羽島貝塚
1976(昭51)年同上12号石棺(四)
1977(昭52)年同上13号黒宮大塚、鋳物師谷2号
1979(昭54)年同上14号広江・浜、金浜 〔在庫 あり〕
1980(昭55)年同上15号富比売墓地買地券など〔在庫 あり〕
「考古館研究集報」12号〜21号までの表紙一括
1981(昭56)年同上16号井島大浦押型文、岡山県奈良・平安期墳墓〔在庫 あり〕広江・浜、備前焼(2)など
1982(昭57)年同上17号惣田奥4号、切妻家形陶棺、古墳継続使用(8世紀)、 中部瀬戸内の前期弥生式土器(津島南池など)〔在庫 あり〕
1984(昭59)年同上18号城が端中・近世墓、備前焼(4)〔在庫 あり〕
1986(昭61)年同上19号倉敷考古館蔵品の鉛同位体、総社砂子山古墳群(前半期)、 「大久」銘平瓶〔在庫 あり〕
1988(昭63)年同上20号津山近郊奈良三彩、装飾須恵器の小像群〔在庫 あり〕
2010(平22)年倉のうちそと六十年ホームページ「倉のうちそとよもやまばなし」の初期のころの  30話をまとめる
2012(平24)年倉敷考古館研究集報21号涼松貝塚、貝塚人骨の性差、涼松V.J.W人の横顔、石棺(五) (三重県の石棺)、古代墓地出土鉄板再考〔在庫 あり〕


〒710-0046 倉敷市中央1-3-13 Tel(086)422-1542 Fax(086)441-1509 公益財団法人 倉敷考古館